新着情報

ひまわりライフ月例会

昨日、ひまわりライフの月例会が開催され、新しく作成中のホームページの内容を検討しました。このホームページの製作は「樋口工房」さんにお世話になっています。良いホームページをつくるために会員の皆さんがが協力して頑張っています。完成の際にはあらためてご紹介させて頂きますので、宜しくお願いします。

又、今回の月例会から、鍋島義則さん(都島支部 鍋島鈑金)、中川大輔さん(東淀川 中川板金)、足立 徹さん(北大阪支部 株式会社足立板金ビルド)にあらたに入会して頂きました。リフォーム・太陽光発電システムに関心をお持ちの組合員の皆様、一度月例会に見学にお越し下さい。横のつながりが出来て様々な情報交換も出来ます。詳細は事務局向出までお願いいたします。

北大阪支部会に参加しました。

211008.JPG

 

10月8日(木)、豊中市民会館にて北大阪支部会が開催されました。労働時間等改善推進事業のセミナーをメインに支部会を開催して頂きました。本セミナーでは有限会社経営プラニング研究所代表取締役の角満先生に「労働時間・休憩・休日をどう決めればよいか」をテーマにお話をして頂きました。角先生にはセミナー終了後、中小企業に対する助成金情報(中小企業緊急雇用安定助成金)についても説明を頂き、支部の皆様より様々なご質問やご意見を頂きました。

北大阪支部の皆様とは11月のみかん狩りで再びお会いできることを楽しみににしております。貴重なお時間を頂き、有難うございました。

 

                                               事務局  濵田 美喜

御堂筋KAPPO 2009

DSCF3350.JPG

 

 

大阪府建築板金技能士会は10月11日(日)12時00分~16時00分に開催されました「御堂筋KAPPO2009」へ出展致しました。歩行者天国となった御堂筋は、開始前に大勢の人でいっぱいになりました。
子供たちにレリーフや折鶴を制作するところを間近で見てもらったり、鶴・亀や家紋などの型板に0.15の銅板を置いてウレタンハンマーで打ち出す体験コーナーを設置したところ、開始前には既に満員となり、その状態が最後まで続きました。
たくさんの人に来てもらってよかったと、講師の皆さんは笑いながらおっしゃっていましたが、他方口々に(長時間立ちっぱなしの状況が続いたので)腰が痛いと言っておられました。やっぱり立ちっぱなしはキツイですね。参加された皆さん、どうもお疲れ様でした。

海外職業訓練指導員対象・職業訓練向上セミナー開催

DSCF3394.JPG

 

 

昨日、海外の技術指導員を対象とした職業訓練向上セミナーを開催させて頂きました。
 このセミナーは日本の職業訓練教育の仕組みや運営方法などに関して理解を深め、自国の訓練制度に役立てるため実施されており、過去2回に亘って開催していることもあり、財団法人海外職業訓練協会(OVTA)から再び要請を頂きました。
 本セミナーには講師として西井副校長・谷本訓練検定委員長が出席し、訓練校の概要、歴史、訓練カリキュラムなどを説明したあと、質疑応答に移りました。質疑応答では研修員から様々な質問が出され、これに対して講師の両名が答える中、和気藹々とした雰囲気で進みました。その後、屋上にある太陽光発電システムと、現在技能士会と銅板加工研究部会が合同で制作している「銅屋根」、並びに、日鉄住金鋼板㈱の新製品「高強度折板・ニスクルーフ L145」の高断熱二重折板工法の実技訓練を見学して頂きました。
 また、銅板加工研究部会に制作して頂いた「銅板製折鶴」を研修員の皆様へお土産として渡し、大変喜んで頂きました。

 海外指導員の研修はこの日が最終日で終了後は横浜へ向かわれました。各国の代表が参加している教育訓練の視察研修は約1ヶ月半に亘って実施され、日本各地の訓練施設を回って来られたそうです。言葉の壁はあるものの各国の教育訓練には共通するものもあり、このような場を設けることで様々な意見交換ができたことはお互いにとても有意義であったと思います。ありがとうございました。

株式会社オーティス工場見学

DSCF1601.JPG

 

 

10月22日(木)に訓練校の実技指導の一環として「㈱オーティス 河内工場」へ見学に行きました。
小学生以来の工場見学で、訓練生たちもわくわくしたようです。担当者から「カルカルーフ天平(てんぴょう)」や特許出願中の「ルーフシェード(折板屋根向け遮熱工法)」などの説明を受けました。訓練生からたくさんの質問が出てとても有意義な見学会になりました。