新着情報

おおさか技能フェア2009 二日目

      CIMG2440.JPG

    

           樋などを自社工場で生産している経営者の方が質問に来られました。
           技能フェアに大阪府板金工業組合が出展しているのをご存じのよう
           で、銅の樋についてたくさん質問していらっしゃいました。
 
 
 
 
   CIMG2434.JPG
 
   
          2日連続で銅板レリーフ教室を受講。
          来年の干支「寅」と家紋のレリーフに挑戦していました。
 
 
 
 
 
   CIMG2439.JPG
 
   
          御堂筋KAPPO2009で実施した「家紋の打ち出し」も行いました。
 
 
 
 
   CIMG2447.JPG

 
   
         2日目のレリーフ教室も、一時満席となりました。
 
 
 
 
 
 
 
   

 
 
   

おおさか技能フェア2009

          CIMG2388.JPG

                   

                                                        エルおおさか本館1階にて

                        午前10時過ぎにテープカットが行なわれました。

 

 

 

                   

 

CIMG2402.JPG

 

                        大阪府建築板金技能士会が出展した社寺仏閣の銅屋根。

                        製作開始から完了までに半年以上かけられた力作です!

 

 

 

CIMG2430.JPG

                   

                        展示会場の一風景。

 

 

 

                   CIMG2413.JPG

                   

                       若者ものづくり体験セミナーで、生徒に拍子木の使い方を

                       指導する西井副会長。

 

                  

 

CIMG2432.JPG

                    

                        若者ものづくり体験セミナーでの植木会長の

                       ポスター。かっこいいです。

 

 

 

青年部月例会

CIMG2379.JPG

 

 

部員の皆さんで展開図の練習に励んでいます。

お疲れ様です!

高年齢者雇用管理セミナーを開催しました

 CIMG2340.JPG

 

 11月13日(金)午後2時より2時間に亘って、「高年齢者雇用管理セミナー」を開催致しました。内容としては、①高齢者活用の戦略的アプローチ②雇用調整助成金・中小企業緊急雇用安定助成金についてでした。
 まず、(社)大阪府雇用開発協会・高年齢者雇用アドバイザーの杉本講師から、高齢者の雇用についてお話しをして頂きました。少子高齢化が進行している我が国では、全ての従業員の高齢化が進んでおり、5年後、10年後と見たときに、企業としても技能伝承という意味では深刻な状況が間近に迫っています。そのような中において、高齢者をいかに活用しいくかを仕事内容と賃金との関係について事例を挙げて検証して頂きました。
 また、大阪労働局職業安定部雇用保険課・課長補佐 長谷川講師から、雇用調整助成金についてお話しいただき、その中でも景気変動による産業構造の変化に伴う経済上の理由により事業活動の縮小を余儀なくされ、計画的な休業等を行う事業主に対して賃金の一部を助成する中小企業緊急雇用安定助成金について説明頂きました。この助成金は、平成21年2月6日より支給要件が緩和されましたので、初回の申請手続きは提出書類が多いものの、2回目以降は簡素化されています。
助成金のご相談は、最寄のハローワークの専用窓口でお願い申し上げます。

京都ものづくりフェア2009

DSCF3441.JPG

 

11月14日(土)・15日(日)に、パルスプラザ(京都府総合見本市会館)で開催された「京都ものづくりフェア2009」を見学しました。この見学会は、大阪府認定職業訓練校運営協議会の視察研修として毎年実施されており、今回は伝統ある“京都のものづくり”を見ることになりました。出展は68団体で、京都らしく伝統ある着物・組み紐・和菓子・漬物・豆腐・巻き寿司・手打ちそば等の実演・販売、また食べ物の屋台から子供向けのイベントなど様々な体験ができる本当に大きなものでした。大阪とは規模そのものが違い小間の広さが約5倍もありました。
このフェアには、お客様の混雑さ・小間の飾りなどを総合的に評価して、その団体を表彰する制度があるそうで、京都府板金工業組合は4年連続で表彰されています。5回連続だとワンランク上の表彰が頂けるとのことで、京都府板の田原理事長をはじめ役員・婦人部・青年部・技能士会・ダクト部など全員が一丸となっていました。さらに、斉木前理事長と社団法人日本銅センター・斉藤部長も東京から駆けつけより一層このフェアを盛り上げていました。
京都府板の小間では、洗面器・たわし・折鶴などの銅製品の販売から、銅屋根施工・技能競技大会作品・銅製折鶴の制作実演、レリーフ・表札の体験教室、また神社の鳥居のような大きなダクト・各建材メーカーの商品の展示から子供向けのスマートボールのような遊具も設置しており、どの世代でも楽しめるものでした。
11月20日(金)・21日(土)には、エル・おおさかを会場として「おおさか技能フェア2009」が開催されますので、当組合・技能士会でも京都に見習ってたくさんの人が楽しめるものにしたいと思います。