新着情報

訓練校入校説明会

4053.jpg

 

 

4月5日(木)午後6時半より平成24年度大阪府板金高等職業訓練校の入校説明

会が開催され、入校予定者7名・保護者7名と西井校長、宮村訓練検定副委員長、

西指導員、藤井指導員及び事務局が出席し、新年度における訓練の概要説明、

訓練生制服の採寸、助成金申請についての説明等が行われました。

大阪府板金高等職業訓練校修了・入校式

 4240.jpg   4232.jpg4212.jpg

 

 

4月12日(木)午後2時より、大阪府板金高等職業訓練校の修了・入校式が開催さ

れました。

平成23年度(第55期)の修了生は4名、平成24年度の入校生は7名となりました。

本修了・入校式にはお忙しい中ご来賓として大阪府商工労働部雇用推進室人

育成グループ課長補佐の平岡良規様と大阪府職業能力開発協会総務・振興課

長の相良道輝様にお越し頂きました。

修了生・入校生ともにこれからの業界を担う若い方々であり、大いに活躍を期待し

ます。

 

 

大阪府建築板金技能士会・銅板加工研究部会合同親睦旅行

 4137.jpg4154.jpg

 

 

4月8日(日)、9日(月)の二日間に渡り、大阪府建築板金技能士会と銅板加工研究部会が合同で愛知県西浦温泉方面に研修・親睦旅行を実施しました。4月8日は銅板加工研究部会の通常総会と八丁味噌見学が中心となり、又翌日9日は「柴田望 ずず工房」で錫を中心とした金属加工作品の説明を受け質疑応答を行いました。二日間とも天候に恵まれ、参加者にケガもなく旅行は無事終了しました。

 

 

さくら会通常総会

 

0142.jpg

 

 

大阪府板金工業組合さくら会の通常総会が4月25日午前11時半よりホ

テルグランビア大阪19階のレストランabにて開催され、第1号議案(事

業報告について)から第5号議案(その他について)まで異議なく可決・

承認されました。又、総会終了後は大変おいしい料理を楽しみました。

さくら会では組合創立80周年式典に向けて踊りや作品展示他様々な催し

を検討しています。楽しい部会ですので、お気軽にご参加下さい。

お問い合わせは06(6730)5331(事務局:担当向出まで)。

 

青年部通常総会

  4265.jpg4277.jpg4256.jpg

 

 

 

4月14日(土)午後7時より大阪市中央区東心斎橋の「湖月」2階長浜の間にて当組合青年部の通常総会が開催され、第1号議案(平成23年度事業報告)から第6号議案(その他について)まで全て異議なく無事承認されました。ご来賓としては親組合より西井理事長、徳和目副理事長並びに岩間専務理事にご出席頂きました。

 

民法改正研究会への出席

平成24年4月13日(金)14:00~よりシティプラザ大阪4階「奏の間」において、全国中小企業団体中央会並びに大阪府中小企業団体中央会主催による民法改正研究会が開催されました。前東京大学法学部教授で法務省経済関係民刑基本法整備推進本部参与の内田貴先生から今回の見直しの背景(1.契約ルールの透明性の向上、2.現代的な取引への対応)と中小企業から見た債権法改正について、大変わかりやすいお話をお聞きすることが出来ました。

法律(特に契約関係)の仕事に携わっておられない一般の方にとっては、今回の民法改正について、現時点ではあまり関心が高くないように思われますが、我が国の民法の「民主化」(経済取引の基本ルールである民法の内容を、国民にとってより判り易くする事)並びに「国際化」(海外でも日本の民法が使われるために、取引に必要な事項がわかりやすくきちんと書かれている事)の為に極めて重要な取り組みである事が、今回先生のお話をお聞きしてよく理解出来ました。民法に限らず、根本的な『仕組み』を変化の時代に即してより良くかつ新しくする事が不可欠なのだと思います。

法務省では法改正に向けて、2013年2月予定の中間試案作成のために現在分科会を設置して審議を続けておられるそうです。我々にとっても決して他人事ではない今回の民法改正の動きを注意深く見守って行きたいと思います。なお、内田貴先生がちくま新書より出版されている書籍「民法改正-契約のルールが百年ぶりに変わる」は民法改正の経緯を非常にわかりやすく説明されていますので、ご興味のある方は是非ご一読をお勧め致します(事務局 向出 伸弘)。