新着情報

訓練校修了・入校式

 6659.jpg6683.jpg4月11日(木)午後2時より大阪府板金会館にて大阪府板金高等職業訓練校の第56期生修了式並びに第57期生入校式が同時に開催されました。第56期の修了生は7名(全員が無事修了)、第57期の入校生は8名となりました。本式典にはご来賓として大阪府商工労働部雇用推進室人材育成課課長補佐 片山幸治様、大阪市経済戦略局産業振興部工業担当課長 久保昇治様、大阪府職業能力開発協会事務局長 佐々木敏彦様、HASマネジメント代表 杉本友彦様の4名にお越し頂き、式典に花を添えて頂きました。修了された7名の訓練生の社会でのさらなるご活躍と、新しい入校生が1年間の訓練で板金の基本知識及び技能をしっかりと習得される事を祈念申し上げます。

西井友二氏が理事長に再任されました

0585.jpg4月1日(月)に大阪府板金工業組合の平成25年度第1回定例理事会が開催され、本理事会において西井友二氏が前年度引続き代表理事(理事長)に選任されました。西井理事長は就任時のあいさつの中で、1、組合員への情報提供の充実2、(訓練校・技能検定制度等を通じての)若年者の育成 3、(健康保険その他)福利厚生制度の充実をの3つを中心に、業界並びに組合の抱える数々の諸問題に対して引続き全力で取り組んでいくので、皆様のご協力を是非お願いしたいと述べられました。

建築板金業振興議員連盟 臨時総会の開催

 20130307.jpg  1105.jpg   建築板金業振興議員連盟(石破茂会長=衆議院議員、自由民主党幹事長)の臨時総会が去る3月6日(水)午後5時から自由民主会館(東京都千代田区)で開催され、建築板金業界から全ての都道府県板金工業組合理事長らが出席しました。

  当日は石破会長の挨拶ではじまり、「私たちの議連は全国の建築板金業界の皆様とともに次世代に継げる業界作りと国民の住生活に安心・安全と信頼を与える技術=「匠」の世界を高く評価して、その評価に見合う経済的な位置付けを確保できるようお互いに努力出来ればと考えております」と述べられました。

  そして社団法人日本建築板金業界会長の石本惣治会長から議連への大きな期待を込めたあいさつを述べられた後、業界からの要望書が石本会長から石破会長に対して手渡されました。今回の要望書においてはは「登録基幹技能者」資格の国土交通大臣認定と現場での適正評価を強く求めました。