高年齢者雇用管理セミナーを開催しました

 CIMG2340.JPG

 

 11月13日(金)午後2時より2時間に亘って、「高年齢者雇用管理セミナー」を開催致しました。内容としては、①高齢者活用の戦略的アプローチ②雇用調整助成金・中小企業緊急雇用安定助成金についてでした。
 まず、(社)大阪府雇用開発協会・高年齢者雇用アドバイザーの杉本講師から、高齢者の雇用についてお話しをして頂きました。少子高齢化が進行している我が国では、全ての従業員の高齢化が進んでおり、5年後、10年後と見たときに、企業としても技能伝承という意味では深刻な状況が間近に迫っています。そのような中において、高齢者をいかに活用しいくかを仕事内容と賃金との関係について事例を挙げて検証して頂きました。
 また、大阪労働局職業安定部雇用保険課・課長補佐 長谷川講師から、雇用調整助成金についてお話しいただき、その中でも景気変動による産業構造の変化に伴う経済上の理由により事業活動の縮小を余儀なくされ、計画的な休業等を行う事業主に対して賃金の一部を助成する中小企業緊急雇用安定助成金について説明頂きました。この助成金は、平成21年2月6日より支給要件が緩和されましたので、初回の申請手続きは提出書類が多いものの、2回目以降は簡素化されています。
助成金のご相談は、最寄のハローワークの専用窓口でお願い申し上げます。